化粧の一部分としての育毛剤の効果@激しい抜け毛を予防しよう

MENU

心身の健康のための化粧

育毛剤による頭髪のケアをするということは、体の一部分である髪をいたわると同時に
その健康な髪をいろいろなスタイルに変えて「装う」ということでもあります。

それはすなわち、「化粧」の延長線上にある行為と考えてもいいでしょう。
では、化粧するといことにはどのような意味があるでしょうか?

巷にあふれるコマーシャルや、百貨店の化粧品売り場から想像されるものは、女性が美しくなるための道具、という考え方が一般的です。しかし、顔の部分から少し広げて考えると、服装をTPOに合わせてコーディネートすることとなんら変わりありません。

つまりは、自分自身を演出するための道具ということです。そのように捉えると、男女の別なく化粧はするものだともいえます。世界的・歴史的に見ても男性が戦いの前に顔に化粧を施すことは、行われてきました。現在でも、一部未開の民族ではそのような風習が見られます。

これを非科学的だと切り捨てることはできません。
女性は日常的に化粧を行うなかで、口紅の色合いやアイシャドウの濃淡など流行の変化に合わる。

あるいはこれから会うであろう人たちに応じて化粧を変え、それによって気分やモードが変化することを感じているでしょう。同様に、男性が毎朝出勤前に髭を剃る行為や、頭髪のスタイルを職場の風土に合わせて変えることによって、これから仕事を行うためのウォーミングアップができる、ということができます。

いわゆる、「戦闘モード」に入るということでしょうか。

心理的な変化にあまり着目されることはありませんが、化粧によって自分自身のいろいろな役割を使い分ける準備ができるとか、心に刺激が与えられて新鮮な気分を保つことができる、自信をつける、など精神面での効果は大きいのです。その意味でも、人目に付きやすい顔のパーツの一部である髪をいたわる、育てるための育毛剤の効果は心理的にも良い影響を及ぼすことは間違いありません。

http://xn--j-phusbz669a1sglm7ally.com/

印象管理における性の強調としての髪の役割

「印象管理」という言葉をご存知でしょうか?

髪型や化粧、服装などの装いを含めたトータルのコーディネートとして、会う人々や周囲の人々に対して自分がどのような人間であるか、あるいはどのような価値観を持っているかをアピールしようとすることです。

生活全般のなかで無意識に行っていることも多いのですが、この言葉が主に使われる場面はビジネスシーンにおいて多く見受けられます。

一例を挙げますと、例えば銀行や役所など比較的「お堅い」と言われる職業においては、スーツなどは無難なグレーやダークネイビー、シャツは白かブルー、頭髪は基本的に黒でスタンダードな髪型、といったところ。一方でクリエイティブな職場、例えばデザイナーや音楽関係などは、そのセンスや時代の先端を走っているということをアピールするためか、ラフだけれども独創的な服装が好まれる傾向にあります。

また、広告代理店などは、時代に対する感度の良さをアピールするため、比較的スマートでファッショナブルな装いが好まれる傾向にあります。男性向けのファッション雑誌には、その時代に応じてより細かにTPOに応じた服装や髪形による印象管理の手法が載っていることが多いものです。

これらは、主にビジネス上で、顧客に向けられた印象管理です。つまりそれがビジネスの成功をもたらす一助になると考えられているからです。この際、頭髪は大きな役割を果たします。

当然育毛剤の効果に対しても関心が高く、時々は特集が組まれるほどです。もっとも、男性の場合は顧客がビジネスだけではなく、女性が占める割合も大きいものですが。男性を中心に記載しましたが、女性にも当然当てはまります。むしろ、装う、相手に対してどう自分が見られたいか、どのような服装やメイクをするのか、ということに関しては女性のほうが男性よりも数歩先を進んでいます。

女性の場合は、育毛剤の効果よりもむしろヘアケアという段階への関心が高いかもしれませんが。
いずれにせよ、印象管理という事柄において頭髪の果たす役割は少なくありません。

脱毛ラボでリラックスできました

「隠す」化粧と育毛剤

化粧には「隠す」化粧と「見せる」化粧の2種類があります。

厳密に分けられているということではなく、化粧をする人の動機、ニーズが異なるというだけで、多くは化粧品そのものでまったく違うものを使うということではありません。育毛剤の効果ということであれば、どちらでも考えられます。まず、「隠す」化粧について考えてゆきます。

化粧によって隠したいものは人それぞれです。
特に女性に多いのは、加齢とともに増えてゆく、シミやしわを化粧によって隠す
あるいは目立たなくしたいということでしょう。

最近はやりの美白化粧品はそのニーズをも、満たすために開発されたものともいえるでしょう。

「をも」というのは、美白が単に隠すということだけでなく、元々ある白さやみずみずしさをより強調する、という後に述べる「見せる」化粧品としての機能も当然に持っているからです。シミやしわというものは気になる女性にとっては心理的に大きな存在感をしめています。若い時にはなかったり、それほど目立たなかったものが目立ってくると、気になります。受け入れるということも一つの選択肢ですが、やはりそこは永遠に美しさを求めたい女性心理としては、化粧という小道具を使って気になる部分を隠せるのであれば、隠したほうが積極的に人と交流することができ、精神的にも良い効果を及ぼすでしょう。

メディプラスゲルを続けています

育毛剤の効果も同じようなものです。
「隠す」というと何かごまかしているような語感がありますが、決してそのようなことはありません。
シミやしわではなく、事故や病気で顔に傷や怪我が残ってしまった場合にも
化粧である程度隠す、あるいは目立たなくすることができます。

それは一時的にせよ、傷ついた心を癒す効果もあるのではないでしょうか。
これについては、2002年公開の椎名桔平さん主演の映画「化粧師/KEWAISHI」のシーンが印象的です。

大正時代のメイクアップアーテイスト「化粧師」である主人公(椎名桔平さん)が、顔の半分側に火傷を負ったお嫁さんとそのお婿さんが結婚写真の撮影を依頼しにくるシーンがあります。お婿さんの不手際でお嫁さんの顔にできた火傷を、主人公が化粧で綺麗に消し、晴れ姿の夫婦が涙を流します。

映画で多少の誇張はあるものの、「隠す」化粧が心に与える影響を見事に表現した映画でした。

シースリーの全身脱毛中です